音楽・旅行からデータ分析まで

【悲報】ウィルス性急性胃腸炎で2日間発狂しそうなほどに臥せっていました

まだ梅雨にも入っていないというのに。

ウィルス性の急性胃腸炎で2日間、臥せっていました…。

 

月曜

恒例の朝ランニングをしてるとき、やたら体が重くて、調子悪ぃなぁ、と思いながらのしのし走っていて、トイレも近くなって、早々に切り上げて、帰宅するや否や即トイレへ。

ことを済ませると、いったん落ち着いたものの、ひさしぶりに腹がゆるくなってあれれ。

会社でも腹がゆるくなり何度かトイレへは行ったものの、まさか翌日ここまで悪化するとは思いもしませんでした…。

 

火曜

眠っている深夜、身体の節々が痛くて目が覚める。

なんか変な寝付きしてしまったかな・・・と思い直し寝直すものの、いっこうに直らない。というか、おかしい。痛い。

朝方、熱を測ってみると、36.1度。平熱だ。

が、節々がズキズキする。猛烈にダルい。

ここで無理するとロクなことはないな、と思い、会社には出社困難につき休暇の連絡を入れ、メールで引継ぎの連絡を関係者へ入れ、即寝。

この時点でも軽い風邪でもひいたという程度だった。

 

室温は20度はあるはずで、布団に毛布もかぶっているというのに、手足の末端が冷え冷え。寒い。

寝ようとするも、節々が痛いのと寒気で眠れない。下痢の症状も始まっていた。

気づけば、38度を超えていた・・・。

 

病院へ

近所の医者へ向かおうとするも、爺さんのようにしか歩けない。やばい。

なんとかゆっくり歩いて病院に着くも、息はあがり、まともに立っているのもつらく、椅子でぐったりと待つ。

 

小さなクリニックなので患者は混んでなく、すぐ呼ばれて、症状を伝える。

インフルエンザの疑いがあり、検査。ツーン。

結果、陰性。

安心はしたものの、結局、ウィルス性の急性胃腸炎という診断だった。

思い当たる節がない。いや、なくはないのだが、まさかね・・・そんなことで・・・(参照「gossoで鼻の中ごっそり」

 

よろよろ帰途~無限ループ

薬を処方されて、またなんとか来た道を帰る。

かまどやでのりから弁当を買い、コンビニでポカリスエットを買い、ほうほうの体で家に着き、昼ごはんを食べた(不思議なことに、このときはまだ食欲があった。だからのりから弁なんて買ったわけだけど)。

とはいえ、やはりいつものようには食べられない。

処方された薬を飲み、暗がりのベッドへ寝たものの…、仕事のことが脳裏に浮かんで、えもいわれぬ因数分解されて、場合分けされて、自分の脳内で処理されて元に戻っての無限ループに入って、頭がクルクル・・・

しまいには頭が痛くなってきて、寝付けない。寝たいのに。

 

山場

熱のせいで苦しい。この熱はウィルスをやっつけてくれているんだ!と鼓舞してみるものの、すぐに打ち消すほどの頭痛・関節通・発熱。

気を紛らすために起きてみるものの、ふらふらして、ぐったり。もちろん頭痛は消えない。

あきらめてベッドに寝る。

その繰り返しをしているうちに、本当に頭痛がひどすぎて、トイレで吐いた。

ひどい量の吐瀉物が出た。

 

ああ、こんなに吐くのはいつ以来だい?

 

ウミガメのように涙を浮かべながらリバース。のりから弁&ポカリが(ry

 

寝間着は汗だくで、なんだかもう、ホントに体調不良って最悪。

ガンとかになったら、46時中こういう状態になっちゃうのか。。恐ろしい。発狂する。こんな苦しいのって、生殺しってやつだ。

 

火曜夜

妻が帰宅して、心配してくれて、お粥とりんごすりおろしを作ってくれてはいたものの、そもそもベッドから起き上がるのに一苦労。

やっと起き上がり、テーブルに着くも、なかなか食べられない。むしょうに気持ち悪い。

またリバース。妻にリバース嗚咽を聞かせるのは初めてだ(と思う)。

こういうとき、妻はあまり心配してくれないのだが、むしろそれでいいと最近は思うようになった。二人で地の果てに落ちてもしょうがないじゃないか。

 

しかし、オレといえば、返事がない。しかばねのようだ。

面白いように頬はこけ、顔は青白い。

結局、お粥はなんとか3口、りんごすりおろしはなんとか食べることができたが、賞味60分はかかっていた模様。

今思えば、上から下から出すだけ出しきって(汚くてスミマセン。でもこれがリアルワールド)、身体の中がNULLになり、やっと悪魔が抜けたようで、以降ゆるやかに回復。。。

 

水曜

だいぶ症状は治まり食事もそれなりにできるようになってはいたものの、まだ腹がチクチク騒いでいる。時折、急に汗が出る(おそらく交感神経と副交感神経とがアンバランスで、体温調整がうまくできていない)。

もう1日休暇をいただき、面白いように深い眠りについた・・・(このときには節々の痛みや頭痛はほとんどなかったため)。

眠ろうとしたらひたすら眠れるものなのだ。身体は正直。眠りによって回復する。

 

木曜

薬と深い睡眠回復が功を奏したのか、90%回復。

体内での保菌はしているので、処方された薬は飲み、復帰。

 

過去にも経験したことのある忌まわしきノロウィルスと同様の症状だったことから、きっとノロだったんだろうな…。

しかしホントなんで感染したんだろう…

 

皆さんもお気を付けください。とどのつまり、元気が一番!

by
イッチー aka cybeck (43)。 旅、音楽、探究、自由が好き。 東京都大田区在住の結婚3年目。 '96年、WebSite「Acid Agit Agitate!」「Beck Me!」「Club Repo&Info」などを立ち上げていましたが、SNSの風に吹かれて、いつぞやclose。 そして、'06年。New York 旅行がトリガーとなって、O-O-O(Open, Owned media, Output)の意義を改めて感じ、一念発起、ブログを再立ち上げ。 どなたかのお役に立てれば幸いです。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です